本文へスキップします。

H1

JASPAS(IAEA)

コンテンツ

日本によるIAEA保障措置技術支援(JASPAS)について

IAEA保障措置技術支援(MSSP)の枠組み

IAEAは査察を含む保障措置実施の結果、活動実施国に未申告の活動がなく、申告された核物質の転用の兆候がないことから、当該国において全ての核物質は平和的活動の下に置かれていたとの結論を毎年導出しています。日本は1977年にIAEAとの間に保障措置協定を締結し、この協定に基づきIAEAの保障措置を受け入れてきています。また、1999年には追加議定書も締結し、IAEAによる広範な保障措置活動が実施できる基盤を整備しています。保障措置協定を締結した1970年代後半は、国際的に原子力活動が活性化されていた時期であり、IAEAの業務も増加の一途を辿っていました。IAEAでは査察機器の開発の必要性に直面していましたが、専門的に技術開発に取り組む部門がなかったため、原子力先進国からの支援を必要としていました。日本においても新たな核燃料サイクルの開発に取り組んでいた時期であり、そのためにもIAEA保障措置が円滑に実施される環境の整備は重大な課題となっていました。1981年に日本がIAEA保障措置技術に対する支援の枠組み(MSSP:Member State Support Programme)に参加するのにはこうした背景がありました。日本による支援は、Japan Support Programme for Agency Safeguardsを略して、JASPASと呼称しています。MSSPの歴史は1977年に開始しましたが、今日では20か国及び1国際機関が参加しています(表1)。

表1 MSSP参加国(参加順に)
参加国 参加国
1977年 米国 1991年 ハンガリー、(イタリア中止)
1978年 ドイツ、カナダ 1992年 インドネシア
1980年 オーストラリア、英国 1994年 アルゼンチン、オランダ
1981年 日本、EC 1997年 韓国、(インドネシア中止)
1982年 フランス、ロシア、ベルギー 2003年 チェコ、南アフリカ
1985年 イタリア 2005年 ブラジル
1987年 スウェーデン 2007年 スペイン、中国
1988年 フィンランド 2013年
11月現在
20か国及び1国際機関が参加

JASPASによる支援

1981年11月に日本国政府がIAEAと書簡を交換したことによって支援は開始されました。現在は、2008年に改定された"Cooperation Arrangements and Guidelines"に基づき運営されています。支援計画は、6つのカテゴリーに区分されています。日本はJASPASの下でこれまでにちょうど100件のタスクを実施してきていますが、その内訳は表2のとおりです。歴史的な経過を辿ると、JASPASを開始した当初は、測定技術の開発や封じ込め・監視技術の開発に重点的に取り組んできましたが、最近では日本の大規模な核燃料サイクルにおける経験に基づく保障措置概念、アプローチの開発や保障措置の設計に力点が置かれるようになりました。2009年末現在、18件のタスクを実施しています。

表2 JASPAS実施タスク(これまでの実績)
カテゴリー
タスク数
(1) 測定方法及び測定技術
37
(2) トレーニング
9
(3) システム・スタディ
11
(4) 情報処理
10
(5) 封じ込め・監視
19
(6) 保障措置評価及び運営支援
14
100

当センターが果たす役割

JASPAS発足当時、当センターは主に事務局として保障措置室を支援し、国内関係者による会議開催の準備作業を実施するほか、支援内容について確認を行うためにIAEAとの間で開催されるレビュー会合(別添参照)に向けた準備作業を実施してきました。1990年代後半、IAEAが保障措置の実効性強化・効率改善を図る中で統合保障措置へと移行する時期に入り、当センターではそれまでに培ってきた保障措置アプローチ開発に関する知見を基に、保障措置概念の開発等への支援に積極的に取り組むことになりました。今日では、総合的な保障措置技術開発・人材開発計画の策定に関わり、その中からJASPASとして支援可能な事案の選定等にも参画しています。

表3.jpg

List of Current JASPAS Tasks (as of 2014-3-31)
JASPAS LIST

JASPAS会議開催実績(2000年度以降)

(2006年度)
2006.12.8 年次レビュー会合 ウィーン

(2007年度)
2007.11.12 年次レビュー会合 東京

(2008年度)
2008.4.8-4.11 MSSPコーディネータ会合 ウィーン
2009.1.20 年次レビュー会合 ウィーン

(2009年度)
2009.6.24 セミアニュアル年次レビュー会合 ウィーン
2009.11.9 年次レビュー会合 東京
2010.3.9-3.12 MSSPコーディネータ会合 ウィーン

(2010年度)
2011.2.15 年次レビュー会合 東京

(2011年度)
2012.2.20 年次レビュー会合 ウィーン
2012.3.13-3.16 MSSPコーディネータ会合 ウィーン

(2012年度)
2013.1.21 年次レビュー会合 東京

(2013年度)
2014.2.25-2.28 MSSPコーディネータ会合 ウィーン
2014.3.3 年次レビュー会合 ウィーン