本文へスキップします。

H1

基本理念

コンテンツ

公益財団法人核物質管理センター(以下、「センター」という。)の基本理念は、使命と行動理念からなり、使命は、センターの社会的使命を果たすための意思の表明であり、行動理念はその使命を具現化するためのセンター役員、職員、参事及び臨時用員(以下「役職員等」という。)の行動の基本姿勢を示すものである。

使 命

核物質の計量管理、核物質防護等核物質管理に関する業務等の実施を通じて、原子力の平和利用とエネルギーの安定供給の確保に貢献する。

このために、以下の活動を行う。

  1. 核物質管理に関する調査研究及び技術開発
  2. 核物質管理に関する指導、技術者の養成及び広報
  3. 核物質管理に関する内外諸機関等との連絡協調及び核物質管理技術に関する国際協力の推進
  4. 核物質管理に関する情報処理業務
  5. 核物質管理に関する保障措置検査等業務
  6. その他この法人の目的を達成するために必要な事業

行動理念

前記使命を具現化するため、センターの役職員等は、以下の行動理念に基づき行動する。

  1. 自ら研鑽に励み、核不拡散、核物質管理の基本的な理解を深め、センター業務の的確な展開に資する。
  2. 核物質管理を推進する一員として、また、公共性を持つ組織の一員として、強い使命感のもと、国内外の要請に応える。
  3. 自ら率先して高い品質の業務を実施すると共に、継続した業務改善に取り組む。
  4. 人を尊重すると共に、組織の力を最大限に発揮するため、公正な評価と相互協力に基づく明るい業務環境作りに努める。

以 上

平成24年4月1日改訂