本文へスキップします。

H1

理事長のご挨拶

コンテンツ

核物質管理センターは、1972年4月に内閣総理大臣及び通商産業大臣の認可を得て財団法人として設立され、2012年4月1日に公益財団法人となりました。創立以来、核物質の計量管理、核物質防護等の核物質管理に関する調査研究、技術開発及びそれらの成果の普及、並びに核物質管理に関する情報処理業務、保障措置検査等業務及びその他の事業を通じて、原子力の平和利用と原子力産業の健全な発展に貢献するとともに、保障措置に関する技術支援機関(TSO)として、その役割を果たしてきました。

当センターは、1977年に指定情報処理機関、1999年に指定保障措置検査等実施機関として国に指定され、計量管理情報の整理、保障措置検査・分析業務等の実施を通じて、わが国の保障措置体制の中で重要な役割を果たしております。業務は、茨城県の東海保障措置センター、青森県の六ヶ所保障措置センター、東京本部の3か所において約170名の役職員により行われております。

2000年には原子炉等規制法が改正され、国際約束による保障措置検査のうち、定型化され、裁量の余地がない検査については、指定保障措置検査等実施機関が実施できることとなりました。検査は、原子炉等規制法に基づく国内計量管理制度における保障措置検査として、国内の約300か所の原子力関連施設に対して、原子力規制委員会が交付する保障措置検査の実施指示書に基づき実施することとされております。

2020年のコロナ禍における保障措置検査については、原子力規制委員会の対応(計画通り検査を実施するというIAEAの方針を踏まえ、必要な対応を行う)に基づき、感染対策を行いながら全国の保障措置検査を継続実施しております。2020年の1年間に、当センターの検査員が実施した保障措置検査は、合計1618人・日(移動日を含まない)でした。また、検査において施設から採取した試料については、当センターの分析所(東海及び六ヶ所)において、核燃料物質の濃度・同位体組成比等の分析を実施しますが、2020年の1年間に、162個の試料の分析を行い、その結果を原子力規制委員会に報告しております。

指定情報処理機関としての委託業務については、約2100の国際規制物資使用者等の計量管理報告データを、国際原子力機関(IAEA)等に報告できるように整理し、原子力規制委員会に報告しております。国際約束に基づく国際規制物資の計量管理報告件数は、2020年の1年間で約5000件となっております。

新型コロナウィルス(COVID-19)感染症対策につきましては、「全役職員及びその家族の健康と安全の確保を最優先とし、可能な限り指定機関業務、技術支援業務等を継続していく」ことを基本方針に掲げ、国や専門機関の情報や産業医の意見を踏まえながら、感染症対策を講じております。2020年2月以降、政府の基本方針等を参考に、各種対策(時差出勤、国内外への出張の中止・延期、手洗い・マスクの着用等)を全役職員に周知するとともに、3月17日には、事業継続計画(BCP)を踏まえて、理事長を本部長とする対策本部を設置し、状況に応じた感染症対策を講じてきました。2020年度中にリモートワークの環境を整備し、2021年4月からリモートワークを導入しております。現在においても新型コロナウィルスの感染状況は予断を許さず、感染状況と国及び地方自治体等の方針を踏まえ、引き続きリスクの低減を図りながら柔軟に対応していきます。

また、今年3月に六ヶ所保障措置センター共同分析所(IAEAとの協働施設)の低放射性グローブボックス内で発生した火災につきましては、地元及び関係機関のみなさまにご心配をおかけしましたが、4月末までに原因究明及び再発防止策等の実施を終え、5月から運用を再開しました。この教訓は今後の安全確保の強化等に反映し、安全確保を最優先に業務を継続します。

当センターは、引き続き、核物質管理に関する国内外の動向等を踏まえた対応を行うことはもとより、時代の要請である新しい働き方・人材育成に力を入れ、業務を効果的・効率的に推進していく所存でございます。

今後ともご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

                                      2021年7月                             
                                      公益財団法人核物質管理センター
                                      理事長  下 村 和 生            

                    
       「険しい岩稜を越えて雲の上に出れば輝く太陽がある」:         「山の麓の街には美しい花が咲いている」:
       モンブラン山域からグランドジョラス山域を望む              シャモニー・モンブランの街角で